BAG ONE

07/03

7/3(金)『LUKE magazine FIRST ISSUE 6MONTHS LATER アフターコロナの僕たちへ。』発売記念イベント

2020年7月15日(水)発売となるanna magazineの姉妹誌、LUKE magazineの創刊号発売イベントを行います。

 

コロナウイルスが世界で猛威をふるい、未だに日常生活は制限を強いられている状態です。しかし、このような状況でも、アフターコロナのことを前向きに捉えようとしている人たちの声が段々と聞かれるようになってきました。

 

コロナによって「これまで自分が大切にしてきた価値観」が大きく変化し、「自分が本当に大切にしていること」に目を向けるきっかけになったという人もいるようです。創刊号のテーマでもあるアフターコロナの暮らしを前向きに生きる若い世代の後押しをしたいと考え、自分らしくひたむきな生き方をしている様々な人々に、ご自身のいま思っていること、そしてこれからの生き方について考えていることを話していただきます。また、会場でのイベント参加者へは先行してマガジンをお渡し致します(オンラインイベント参加者の方へのお届けは7/3(金)以降となります)。

 

※オンライン参加券の方は、1部、2部ともにご参加いただけます。

 

第1部「LUKE magazine×BAG ONE」アフターコロナ座談会 19:30~20:15予定

 

登壇者:
稲葉大二郎(株式会社ネットマンCHO)
奈良岳(流しのビリヤニ)
鰐渕航(THE NORTH FACE PR)
須藤亮(LUKE magazine/anna magazine 編集長)

 

第2部「大二郎酒場×LUKE magazine」20:30~21:15予定

ファシリテーター:稲葉大二郎
第2部は毎週金曜日に株式会社ネットマンCHOの稲葉大二郎さんが主催しているオンライン飲み会「大二郎酒場」とコラボしてお届けします。※BAG ONEにてイベント参加のお客様へはオンライン参加IDをお知らせいたしますので、各自の端末でご参加ください。

 

大二郎酒場:
教育について語らう人たちのオンライン酒場。20代から60代までの学校の先生が、企業の経営者が、人事が、プロスポーツ選手が、アナウンサーが、思想家が、社会活動家が、日本だけでなくインド、フランス、ドイツ、アメリカなど世界中から集い、教育という永遠のテーマを肴に杯を交わし合う。「教育って最高にかっこいい!」を象徴するカタリバ。コロナ禍の中で生まれたこの社交場では、夜な夜な変革者たちの「できたこと」が蓄積されていく。毎夜がドラマだ。店主/稲葉大二郎(ネットマンCHO)今しかない俺しかいない。

 

 

■イベント詳細&チケット予約

https://lukemagazine.peatix.com

 

<登壇者プロフィール>

稲葉大二郎(株式会社ネットマンCHO)
1986年神奈川県川崎市生まれ。サッカーでは中学2、3年全国大会連覇。新卒でみずほ銀行法人担当。そのあとDelloitte Tohmatsu Groupのトーマツイノベーション(現ラーニングエージェンシー)に転職し、人材育成のコンサルタントとして企業の育成プラン構築、研修講師登壇などを主に担当。日本を代表する企業のマネジメント研修や新人研修、OJT研修などを中心に、年間140回の登壇経験あり。地域に貢献したい、挑戦の機会を増やしたいという想いをファンであった永谷研一氏(ネットマン代表取締役社長)に打ち明け、意気投合し、ネットマン社の(チーフハピネスオフィサー)に就任。地域を支える企業や学校と共に幸せを追求する仕事をしている。個人の活動としてもスポーツ選手の価値を言語化する取り組みを行っており、社会をもっと良くしていく中でスポーツの力を信じてやまない。大二郎酒場店主、静岡県座談会主宰、フットサルチームIMAORE運営、他にもSUP、サーフィン、ウクレレなどを楽しむ神奈川県葉山在住の34歳。

 

奈良岳(流しのビリヤニ)
1991年生まれの29歳。建築企画系会社勤務を経て、イベントスペースの企画をする会社で平日は会社員として働きながら、ビリヤニの炊き出し活動を開始。小さい頃から叔母の配偶者のパキスタン人の作るビリヤニを食べて育ち、「家庭のビリヤニの味」を人々に届けるべく活動中。これまでに、「SHAKE HANDS」「SUNDAY DISCO SESSION」などの音楽イベントや新宿ゴールデン街の「The OPEN BOOK」といった催事や店舗を中心に出店。世間のスパイスマニアを虜にするその腕前は、まさに職人の域。ビリヤニを提供する場所は、Instagramで随時告知している。

 

鰐渕航(THE NORTH FACE PR)
某アパレルPRを経てTHE NORTH FACE PRに。これを機に山の楽しさに目覚め、今では夏も冬も登山、雪が降ればバックカントリースノーボードなど1年中を山で過ごす様な外遊び人へ変貌。最近は海釣りの楽しさも覚え、更なる遊び人へ磨きをかける。

 

LUKE magazine
LUKE magazineのコンセプトは、「Thirty-agers(サーティーンエイ ジャーズ)」 。「Thirty-agers」とは30歳「Thirty」と10代「Teenage」を 組み合わせた造語です。30代になっても、10代の頃のように夢を追う熱 い気持ちを持ち続ける人や、自分の進むべき道を決めて日々ひたむきに 努力を重ねる人たちのことを「Thirty-agers」と名付けました。20代は 立ち止まることなく走り続けた日々だったけど、30代は一旦立ち止まっ て こ れ か ら の 自 分 の こ と を 真 剣 に 考 え る よ う に な る タ イ ミ ン グ 。L U K E magazineはそんな30代真っ只中の人、これから30歳を迎える人たち に「30代って最高だ!」と思ってもらえるメディアを目指しています。

 

 

【コロナウィルス感染拡大防止の対策について】
コロナウィルス感染拡大防止に伴い、イベントでご来場いただく際は、下記をよくお読みになりご来場いただきますようお願い致します。

・イベント参加者は20名までとさせていただきます。また、会場参加は事前にお申し込みいただいた方に限定とし、お申し込みなくご来場された場合、入場をお断りすることがございます。ご注意ください。
・イベント会場への入場の際、お客様には検温にご協力をお願い致します。
・発熱や咳などの症状や体調不良のある方はご来場をお控えください。
・会場内ではマスクの着用、こまめな消毒、適度な距離への対策など、お客様自身も感染防止にご協力いただきますよう、よろしくお願い致します。
・BAG ONEスタッフはマスクの着用し、こまめに消毒をさせていただきます。
・万が一、国や東京都から感染拡大防止に伴う発令等のある場合、イベントを急遽中止させていただく場合がございます。ご了承ください。

お客様には大変ご不便をおかけいたしますが、
何卒ご理解・ご協力のほどよろしくお願い申し上げます。

 

【注意事項】
※イベント参加券はPeatixのみの販売となります。BAG ONE店頭、お電話での受付はできません。
※定員になり次第受付終了予となります。
*当日はイベント開始時間30分前からご案内いたしますので、 直接会場までお越しください。
*入場はチケットに記載されている「#」 に続くチケット番号順に、入場開始時間より、 開始させていただきます。入場後はお好きな席にご着席ください。 Peatixで参加券購入時にチケット番号が発行されます。 遅れてのご到着の際には、後からのご入場、 ご着席となりますので、 ご了承くださいますようお願い申し上げます。
*入場開始時刻を過ぎてご到着の場合は、 当日の係員の指示に従って、入場いただきます。
* 当日は係員およびスタッフの指示および注意事項に従ってください 。指示に従わない場合、参加をお断りすることがあります。
*会場および会場付近での不道徳な行為は絶対におやめください。
*会場の設備故障や天災、 交通ストライキなど不可抗力の事由により、 開催不可能と判断された場合は中止致します。
*やむを得ず中止となった場合、それによるいかなる損害にも、 主催者、会場、出演者は一切の責任を負いません。
*中止・延期の場合の旅費などの補償はできません。
*会場内外で発生した事故・盗難は主催者・会場・ 出演者は一切の責任を負いません。貴重品は各自で管理願います。

一覧へ戻る

BAGONE

〒150-0046
東京都渋谷区松濤1丁目4-8

bagone@twovirgins.jp
03-5738-8991

OPEN MON.-SAT. 11:30~23:00 / SUN. 11:30~19:00